忍者ブログ

誰かの見る夢の話

何処の島にいる"ホルス"という名の青年の夢の記憶。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/24/15:40

仲間達

からだのちからがすこしずつもどったようなかんじ。
あしにもうでにもちからがはいるようになった。

ここで であった "あのひと" があるきはじめる。

すこしきょりをおいてボクはあのひとのあとをついてゆく。
ちらりちらりと、あのひとはぼくをみる。
ちょっとこわそうなかおをして。
だからちかよりたくてもちかよれない。 

あんなかおのときのあのひとは、たいていきげんがわるいから。
ひとりでいたいときだから。


いつだったろう。
あのひととたびをしていたときに、そんなことがあった。
いつもずっといっしょだったけど、あのときはいっしょにいる
ことができなかった。
ついていこうとしたら、ものすごいかおをされて・・・
こっぴどくおこられた。

「ーーーー! ついて来ちゃ駄目。ここでおとなしく待ちなさい。」

そういってぼくをおいて、たにのまちへとはいっていったっけ。




どれくらいあるいただろう。
くさのはらにあるおおきなきのところで、あのひとはすわりこんで
しまった。きのねもとにすわり、ためいきをついている。

つかれたの? さみしいの?

どうしよう。こえ かけたほうがいいのかな?
こえ? こえってなんだっけ・・・。
ああ のどからでるんだっけ。てをのどにあてて、のどにちからを
いれていきをはく。

「あ・・・ あ、 あ〜 こ…え でる。」

はじめてだすこえ。なんだかへんなかんじ。
あたまでおもうことをこうしてくちからだすのは、はじめて。
でも これであのひととはなしができる。そうおもうと、とても
うれしい。

きがつくと、あのひとがぼくをみている。

おもいきってちかづいた。
あのひとのまえにすわって、あのひとのかおをちかくでみる。

・・・やっぱりそう。

ゆめのなかのあのひとだ。
かおはすこしちがうけど、こころがおなじ。あのひととおなじ
こころのはどう。うれしくなってかおがほころんだ。

ゆめではなくて、いま めのまえにいるから。
いっしょに、そばにいることがうれしくてしかたない。



ひとがひとりちかづいてきた。
はじめてみるひと。かみのながいおんなのひと。みたことのない
へんなふくをきていて・・・てにはながいものをもっている。
あ あれみたことがある。たしか「ゆみ」とかいうぶきだ。

てきいはぜんぜんないみたいで、あのひととぼくにこえをかけて
きた。すこしかたいえがおをして。

でも なんかこのひとはこわい。
こころのなかになにかもっているようなかんじ。



なにがおこるのかな?
このばしょで。

ぼくたちさんにんがであったこのばしょで。


きのはがかぜにゆれてざわざわとおとをたてる。
へいげんには ただ かぜがふいてた。



ただ かぜが ふいてた。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/24)
(10/22)
(09/12)
(09/04)
(09/04)