忍者ブログ

誰かの見る夢の話

何処の島にいる"ホルス"という名の青年の夢の記憶。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/24/15:42

キズナの望む事


月明かりの下で、キズナが纏っていた衣服を脱いだ。
白い肌に残る傷跡。
その身体をキズナは「汚れている」と悲しそうな顔をして言った。

汚れてなんかいないのに。
とても綺麗な身体なのに。
どうしてキズナはそんなことを言うのだろう?

「どす黒く汚れた私は、すなわち魔物と同じで、
 いつ狂ってしまうか分からない」

「だから、ホルスの綺麗な心で私を救って…、
 私のこの体をどうか…ホルスの唇で浄めて欲しいの…」

キズナが僕を見てそう言った。


傷ついた魂、傷ついたキズナ。
罪を償う為に与えられた罰の重さに、叶わなかった己の願いに。

こうして僕が手を差し伸べて、共にいる事も理に反しているのかも知れ
ない。でも こうして巡り会えたのなら・・・。
一時だけでも と 何かが救いの手を差し伸べてくれたんじゃないか。
「神」というモノはいるとは思わない、けれど・・・。


キズナが望む通りに、キズナの身体に口づける。
唇、首筋、腕、胸、腹、脚・・・。
キズナの身体は熱くて、柔らかい。少しでも力を入れれば壊れてしまい
そうな程。こうしていると僕の頭も身体も熱くなって、クラクラする。

不思議な感覚。
竜だった時にも、少し感じた事のあるむずむずするようで…切ない感覚。
その感覚が何だか分からないけれど、キズナを見ているとその感覚が
増してゆくような気がした。



キズナの身体に口づける度に、キズナの口から漏れる熱い吐息を聞いて
自分の中にあった何かが呼び覚まされる。
そして、それをどうすればいいのか自分でも分からなくなる。


月明かりの下で、2人抱き合って そうして眠る。
それでキズナの心が癒されるなら、今だけでも・・・。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/24)
(10/22)
(09/12)
(09/04)
(09/04)