忍者ブログ

誰かの見る夢の話

何処の島にいる"ホルス"という名の青年の夢の記憶。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/24/15:38

罪と罰



アルシンハは言った。

「彼女は罰を受けなければならない。」と。

この先流転し続ける先で、相棒も友を得る事なく孤独のうちに生き、
独りで死に行く。求めても決してそれは手に入らない。

罪が赦されるその時まで・・・。


それが世界を統べる竜を殺したゆんまおに科せられた罰。
僕にはどうする事も出来ないのだろうか?

もし、僕に何か出来るのなら・・・出来る限りの事をしたい。
彼女の心が壊れてあんな罪を犯してしまったのは僕のせいだから。

再びまみえる事はない筈だったとアルシンハは言っていたけれど、
今 こうして僕はゆんまお…キズナと出会った。
それだけ縁が深く結ばれているのなら、何か僕に出来ないか。
そう思っている。

それが理から外れている事で罪になったとしても構わない。

あの時から僕は決めているから。
あの洞窟で彼女の手を取った時から、島でキズナに出会った時に
再び決めたんだ。

僕は彼女の為に生きる。 …そう決めたのだ。



「…そうだね、世界が終わるまではずっとそばにいてね。」

今はこの言葉の通りに。
この島にいる限り 僕はキズナの側にいよう。
彼女が望むなら、どんな事でもしよう。

一緒にいられる時間は短くとも。




愛する貴女の為なら。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
新着記事
(10/24)
(10/22)
(09/12)
(09/04)
(09/04)